私の名刺、肩書きはデザイナーですが、芸術家と言われる時があります。デザイナーと芸術家は、違うのでしょうか?

2019年3月13日

いきなりですが、

芸術家とデザイナーって

違うのでしょうか?

 

遙か昔・・。

そうです

若かりし頃

私に、公務員の方とお見合いの話が

ありました。

 

 

私が

デザインの仕事をしているのを知ると

相手の方は

「芸術系の人は

かわっている方が多いので

お断りします」と

紹介の方から私の両親へ

伝言があったそうです。

 

私は、会ったこともない人に

「変わった人」と判断され

お見合いを断られていたことを後に知りました。

 

 

「芸術家とデザイナーの違い」って何?

私はこの問いの

ある人の答えを

今でも覚えています。

 

芸術家は

10人の人に作品を見せた時

良いと言ってくれる人が

ゼロでも全く構わない。

 

自分は伝えようとした。

それで伝わることを希望するが、

伝わらなけば

それでいい。

 

作品に自身の「芸術性」が

たっぷり入っている。

達成感も充分で本人は、大満足って訳です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

デザイナーは

10人のうち、すくなくとも

8人に

わかってもらえる努力をする。

 

性別、年齢問わず

解りやすく

使いやすく

安全なモノやコトが

広く、長く

愛されるよう

最良の方法を考えるんだ、と。

 

私は両者の違いをそのように理解しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

例えば

今、放送されている

NHKの連続テレビ小説「まんぷく」の

まんぷくラーメンをつくった

萬平さんは

まさしく、デザイナーです。

 

萬平さんは、いつも

栄養があって、安くて、安全な材料をつかって

お湯をかけたら、3分で食べられるラーメンを作るんだ!と

言っています。

まわりから、いろいろ言われますが

その信念を貫きとおして、まんぷくラーメンが誕生しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

私も、日夜

誰もが理解しやすい広告物について

利用する人へ伝える最良の方法を

あれこれ考えています。

広告を掲出する人も

広告を見て、行動を起こす人も

皆が良くなれるために・・・。

 

詳しくは、次の機会でご紹介します。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

 

 

 

 

ページ最上部へ